株入門(株初心者専用)

キャッシュフロー計算書について解説しています。

>> 株入門(株初心者専用) TOP  >>  キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは、何によってお金がどれだけ増減したかという情報を、貸借対照表と損益計算書から拾ってきて、わかりやすいように組み替えた表のことです。

お金(残高)に対するフロー情報ですから、お小遣い帳のようなものと思ってもらうとわかりやすいかもしれません。

少し違うのは、ここでいうキャッシュとは現金および現金同等物(3ヶ月以内に現金化できるもの)であって、売掛金や有価証券、定期預金の中でも、3ヶ月以内に現金化できないものは含まれませんのでご注意を。

今売掛金が1億あったとしても現金がマイナスなら黒字倒産ってことになってしまいますからね。

キャッシュフロー計算書は下表のように、営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの3つに大きく区分されています。

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローとは、会社がもうけるキャッシュの額と、それを行うのにかかった支出の額からなる、お金の入りと出の総計です。

損益計算書の税引前当期純利益から、キャッシュの出入りを伴わない売掛金、受取手形、買掛金、支払手形等を差し引いていきます。

最初に減価償却費がプラスされているのはなぜでしょうか?

減価償却費は高額な資産を徐々に費用として配分していくときの、”費用”になりますから、利益から引くのでは?と思う人もいると思いますが、キャッシュ(お金)としてみてみると、高額な資産を購入した年はお金が減りますが、償却期間中はお金に変化はありませんよね?

つまり、費用になっても(=利益が減っても)、お金は減らないので、お金に増減に関係のない費用である減価償却費は邪魔なので、最初に利益にプラスして税引前当期利益の中に費用として含まれていた償却費をプラマイゼロにするわけです。

お金の増減に関係ないとは言っても、資産を購入し、お金を使った年はキャッシュがマイナスになるので、減価償却費を増やせば営業キャッシュフローが増えるからどんどん増やそうとは思わないように。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、いわゆる設備投資に使ったお金、設備を売却したときのお金の収支です。

投資活動には大きく4つ、

があります。

固定資産はそのまま、有価証券は国債、社債、株式等の一時的に保有して、市場性のある商品に対する投資のこと。

投資有価証券は、投資のために一時的に保有する有価証券への投資のこと。

貸付金は、長期貸付金、短期貸付金などがあります。

どんどん店舗展開をしているような会社は、投資キャッシュフローが大きくなります。

財務活動によるキャッシュフロー

財務キャッシュフローは、キャッシュの不足をどのようにして充当しているかを示したものです。

お金をいくら借りて、いくら返して、利息をいくら支払ったかを知ることができます。

キャッシュの調達方法としては、

などがあります。


まず何をすればよいのか

  1. 株というもの
  2. 避けて通れない財務諸表
  3. 貸借対照表とは
  4. 損益計算書とは
  5. キャッシュフロー計算書とは
  6. 連結財務諸表とは
  7. 財務諸表を用いた分析

チャートの見方を覚える

  1. ローソク足とは
  2. 天井のサイン
  3. 底打ちのサイン
  4. その他の指標

株式用語を覚えよう

  1. 基本用語を理解する
  2. 増資とは
  3. 株式分割とは

株取引をしてみよう

  1. 証券会社を選ぶ
  2. 楽天証券を使ってみる
  3. SBI証券を使ってみる
  4. 実際の会社分析

確定申告をしてみる

  1. 確定申告とは
  2. 青色申告決算書の書き方
  3. 確定申告書Bの書き方
  4. 住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方
Copyright(C) 株入門(株初心者専用) all right reserved.