株入門(株初心者専用)

底打ちのサイン

>> 株入門(株初心者専用) TOP  >>  底打ちのサイン

底打ちのサイン

酒田五法でいう底打ちのサインは、13パターンありますが、これまたうまくあてはまるチャートを探すのすらが難しい。

酒田五法はこちら参照

上記のサイトと実際のチャートを照らし合わせているだけで嫌気が指してきました。。。

この辺まではどうにか見れなくもないけれど、他はまじわかりません。

底形成局面を適当に羅列しますが、これから何か読み取れますか〜?と逆に聞いてみたり。

はらみと抱きは、天井同様に転換ポイントとなりえますが、うまく形成しているチャートがぱっとみではありませんでしたし、マドをあけて下がった後の陽線もそんなに頻繁に目にするものではありません。

大体3つ陰線が連続すると、投資家がそろそろ割安かな?ってことで様子見の買い注文を入れるので、一時的に陽線が出ることが多いです。

何の参考にもなりませんが、もうこれ以上は下がらないっていう底値を知るためには、やっぱりその企業の本質的価値を知らなければならないと思います。

株が下がり続ければ、その企業の時価総額(会社を買える値段)が下がって、買収の危機にさらされてしまうため、ある程度以上は下がらない、そういうラインがあるはずなんですよね〜。

その会社の本質的価値なんか誰にもわからないけれど、この時点では、当期利益が高ければ高いほどその会社が順調ということにして(将来のための投資とか云々は抜きにして)、前期、前々期の当期利益の減少割合と同じ割合以上は下がらないということにしました。


まず何をすればよいのか

  1. 株というもの
  2. 避けて通れない財務諸表
  3. 貸借対照表とは
  4. 損益計算書とは
  5. キャッシュフロー計算書とは
  6. 連結財務諸表とは
  7. 財務諸表を用いた分析

チャートの見方を覚える

  1. ローソク足とは
  2. 天井のサイン
  3. 底打ちのサイン
  4. その他の指標

株式用語を覚えよう

  1. 基本用語を理解する
  2. 増資とは
  3. 株式分割とは

株取引をしてみよう

  1. 証券会社を選ぶ
  2. 楽天証券を使ってみる
  3. SBI証券を使ってみる
  4. 実際の会社分析

確定申告をしてみる

  1. 確定申告とは
  2. 青色申告決算書の書き方
  3. 確定申告書Bの書き方
  4. 住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方
Copyright(C) 株入門(株初心者専用) all right reserved.